FC2ブログ
毎日を、ぐだぐだ~っと暮らしています。その時々に感じた事を、つづっていきま~す。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
荒野に立つ七人は、とてつもなくかっこいい
2017年04月29日 (土) | 編集 |
4/23に「髑髏城の七人season花」を見てまいりました。
2月3月はちょっと体調が悪かったり腰を痛めたりで
東京へ向かうギリギリまで不安でいっぱいだったのですが・・・
なんとか無事に行ってこれて良かったです。

ネタバレにならないような感想をと思うのですが・・・
ストーリーは再演という事で、ざっくり内容は同じなんですよね。
髑髏城は前回のワカドクロしか知らないので
アカやアオはどんな感じだったのか分かりませんけど・・・^^



東京駅から新橋を経由して、ゆりかもめで豊洲へ向かいました。
駅は「市場前」で降ります。
観劇日じゃないのに新橋まで案内してくれた旬友さんや
観劇をご一緒してくれた旬友さんと行動していたので
何一つ不安もなく安心して一日を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました(@^▽^@)

ゆりかもめから見る外の景色は、とても楽しかったです。
沢山の有名な建物が次から次へと・・・
ワクワクドキドキが倍増でした。

アラウンドステージの周りは、ホントに何も無いです。
キッチンカーが来てるしベンチもいくつかありますが
天気が良くない時は、外で食べるのは難しそうです。
ロビー内にカフェがあって軽食や飲み物もあるようです。
立って食べれるテーブルがいくつかありますが
お客さんでごった返していました。
お食事をゆっくりしっかり取りたいのならば
ゆりかもめに乗る前をお勧めします。

トイレはすごく並びますが、トイレの数が多いのと
誘導係のお姉さん達がテキパキ指示してくれるので
あっという間に順番が来るので問題は無いです。

ロビーから会場に入る時と、会場からロビーに出る時
座席が回るせいで、出入り口が変わるんですよね。
ちょっと戸惑いますが、中に入っちゃえばまあ大丈夫ですよ(笑)


座席が回ること自体は平気でしたが・・・
回る時はステージのスクリーンは閉じていて
そのスクリーンに映像が映し出されて、映像も色んな方向に動きます。
座席の回るスピードと動く映像のスピードが違かったりして
ちょっと気持ち悪くなりました。
これはやばいかも?って時は視線を下にして
映像は見ないようにしてなんとか乗り切りました。
舞台が回ればいいのにって思いましたが
演出を見る限り、それは無理だなあと思いました。

ワカドクロの時はけっこう長く感じたのですが
ハナドクロはあっという間でした。

ワカドクロの時は、間延びしたシーンがちょこちょこあったのですが
ハナドクロはうまくまとめられてスッキリした感じです。
ただ、自分的に好きなシーンが無かったので
ちょっと残念でした。(捨之介のシーンじゃないけれど)
キャストが変わると設定もこんなに変わるんだなあと・・・

捨之介・・・文句なくかっこよくて年を重ねた分だけ色気に
深みが出てました。殺陣も迫力が増して凄かったです。

天魔・・・強いけど、あまり強そうには見えなかったです。小悪党な感じ?

蘭兵衛・・・とても落ち着いたお兄さん的な感じでした。

極楽太夫・・・凛として目に強さを感じました。色気はちょっと少な目?

兵庫・・・熱くて優しくて、ちょっと頭が足りない感じ(笑)
とても頼りがいのあるアニキでした。

沙霧・・・身のこなしが軽くよく動いていたし、声も通りが良く聞き易い。
ワカドクロを見る前に読んだ戯曲本での自分的イメージに
とても近い感じがしました。

贋鉄斎・・・このキャラって本当はどんなのか分からないんですけどね(笑)
いかにも「ザ・新感線」って感じで、古チンさんが出ると
劇場の空気が一変するのはさすがでした。



旬くんはホントにかっこよくて・・・
端っこだけど前から3列目という良席に恵まれ
目のまん前で旬くんを見れたことは最高でした。
多少の見えにくさはありましたけどね。
真ん中の座席だったら、また違う見え方だったのかも知れないです。

あまりのかっこよさに涙を流すなんて
初めてのことかも知れません。
とにかく感動で胸がいっぱいになりました。

最初で最後の生のハナドクロ・・・
5/15にライブビューイングがあるんですよね。
平日だし時間的にちょっと行きづらいです~,,,(つω・`)。o.゚。
ゲキシネの上映を心待ちにしております。

捨之介・・・もう、逢えないんだなあ

寂しいなあ





スポンサーサイト
明けましておめでとうございます
2017年01月10日 (火) | 編集 |
遅ればせながら、新年のご挨拶です。
今年もよろしくお願いいたします。

更新の頻度があんまりなので、もう忘れ去られてるかもですが
細々と続けていきたいなあって思ってます。

今年も旬くんのお仕事が盛りだくさんですね。
映画は5月に追憶、7月に銀魂と君すい、
舞台は3月からハナドクロ、8月からヤング・フランケンシュタインと・・・
作品が目白押しです。
ドラマは4月期にフジテレビで西島秀俊さんと刑事ドラマがあるらしいです。
楽しみですけど・・・フジテレビという事で
数字はあまりあてには出来ないかも? (笑)
番宣はそれぞれの作品でたくさん出てくれたら
嬉しいな~と思います。

今年は立て続けに舞台を2本もやってくれるなんて!
8月は行けるかどうか試案中なんですよね。
だって、真夏の東京は超暑そうなんですもん!
私の体力がもつかどうか・・・(; ̄ー ̄A

でも、劇場が東京駅から近い場所だった気がしたので
暑い所をあまり歩き回らなくても
たどり着けるかもしれないんですよね?
やっぱり迷うなあ~( ̄▽ ̄;)


昨年からの作品のミュージアムと代償は結局見てなくて・・・
ミュージアムはBlu-rayが出るまで待つことにしました。
代償はしばらくは配信されるようなので
いずれは見なくちゃいけないなあと思ってます。

あまりにも重たい内容はつらいんですよね~!

さてさて・・・
今年はどんな1年になることでしょうね。
家族達の心配事もチラホラですが・・・(笑)
何より健康第一で頑張りたいですね。


あ!ブログ更新も、もう少し増やせるようにしなくちゃ!






髑髏城の七人 制作発表
2016年09月08日 (木) | 編集 |
え~と・・・
9月になってましたね。
8月はアップしそびれてしまい、すみませんでした。
お盆は例年のとおりでしたが、年々疲れやすくなって・・・

旬くんが「銀魂」をオールアップしちゃいまして
あまり見かけませんが、銀髪のビジュアルを探していたら
もう、髑髏城の制作発表があったんですね。

   マイナビニュース

   スポニチ

今日は雨降りで買い物に行くのもいやだなあと思い
たまたまテレビをつけてみたら、ひるおびで紹介してました。
すっかり短髪黒髪に戻っていました。
すっきりして若返った感じです。

花ドクロ記者会見

予告動画もひるおびで少し流れました。

花ドクロ捨之介

髑髏城の公式HPでも予告動画が見れますよ。

髑髏城の七人 シーズン花

なんだかもうネットでは、花ドクロって呼ばれたりしてましたよ。

とりあえず、チケットはエントリーの予定ですが
まだ申し込みはしてなくて・・・(笑)
ステージアラウンドのFCでも先行予約が始まりましたよ。

1回だけでも行けたら良いかなと思っています。

あ・・・そうそう、旬くんのお兄様の写真投稿サイトで
金髪(銀?)ビジュの旬くんが見れます(@^▽^@)

   YOOYING


これから、ミュージアムや代償、追憶と公開作品が控えてますね。
色々楽しみが沢山あって、嬉しいですよね~ ☆⌒v⌒v⌒ヾ((`・∀・´)ノ ヒャッホーィ♪


捨之介再び・・・と、あれこれ
2016年07月26日 (火) | 編集 |
7月も後半になってしまいました。
世のお子様たちは夏休みですね。

ポケモントレーナーの方々は、くれぐれも気をつけて
道を歩いてくださるようお願いします(笑)
自転車や車に乗りながらは、絶対に止めてくださいよ!

うちのバカ次男も夏休みに入りまして、ぐだぐだしてます。
自動車学校を卒業して2ヶ月くらい経ちまして・・・
すぐに免許センターへ試験を受けに行って欲しかったんですけど
試験は平日しか受けられず、夏休みまで待ちました。
本人はすっかり忘れきってるようで、ホント困ったもんですよ(ーー;)




さてさて、髑髏城の七人の再演が発表されて今更感もありますが(笑)

来年の3/30~6/12に髑髏城の七人の再演が決定しました。
2017年の春、東京の豊洲という所に新劇場がオープンするにあたり
こけらおとし公演として、劇団新幹線の髑髏城の七人が上演されます。
なんと1年3ヶ月のロングラン公演になるそうです。

「花」「鳥」「風」「月」の4シーズンに分け、シーズンごとに
異なるキャストと脚本・演出によって、全く違ったアプローチの
「髑髏城の七人」を披露する。
第1弾シーズンとなる「花」は2017年3月30日から6月12日まで上演。
2011年上演版で捨之介を演じた小栗旬が、6年ぶりに新感線に参加する。
(記事抜粋)

ワカドクロから6年も経つのですね。
あの時の旬君たちは、若々しく瑞々しい作品を演じてくれました。
あれから、再び捨之介を演じることになって
大人の男の色香をますます撒き散らして(笑)
私たちを魅了させてくれることでしょうね。

以下、公式サイトやら記事やらです。

  エンタステージ

  ステージナタリー

  IHIステージアラウンド東京/TBSテレビ

  シネマトゥデイ

チケットが取れるかどうか分かりませんが
頑張って見に行けたらいいなと思います。

ひとつ心配なのは、座席が円形で360度回転するとかで・・・
酔ったりしないかとちょっと不安です。



GQジャパンのサイトに旬くんのインタビューとグラビアがあります。

  小栗 旬、“ときの流れ”をまとう

  小栗 旬、吉祥寺、そしてアルマーニ

多分、期間限定のアップだったと思います。
保存しておきたい方は早めに確保しておいた方が良いと思いますよ。



それから、ペプシの新商品のCMにジュード・ロウが出てますけど
なかなか憎い流れになってますよね~(*^_^*)

来日したもうひとつの理由が、桃太郎のCMに出る事だって\(^o^)/

  サントリー公式サイト

  ペプシ テレビCM

ペプシ桃太郎のCMの続きは、早く見たいですよね!
サル編もまだだし、ラスボスとの戦いも期待してますしね。

今、旬くんは銀魂を絶賛撮影中のようです。
目撃情報もあるにはあるのですが、遠くからの目撃なので
なかなか共演者が誰なのか、ハッキリしないようですね~

噂では若手の俳優さんの名前もあがっているようですが・・・

こちらのテレビ局では、銀魂のアニメの放送が始まりまして
なかなか面白いじゃないの~って笑って見てます。

マンガ原作ばかり演じてるって色々言われちゃってますけど
旬くんが引き受けたお仕事ですから、しっかり受け止めようと思ってます。
(申し訳ないけど、るぱんより楽しみ^^)



自分は実写化とかどっちでもいいんだけどね・・・
2016年06月17日 (金) | 編集 |
先日、某マンガ作品の実写化の記事がネットに出まして
その主演が旬くんだということで・・・

原作ファンがいっせいに大騒ぎでした。
どこかの誰かが公式に問い合わせて実写化は無いと
言われたとツイッターに載せて静かになりましたが・・・

自分の大好きな原作が、まったくイメージに合わないキャスティングで
内容も改変されたりしたら、そりゃあ納得いかないでしょうね。
実写化、大反対の気持ちも分かります。
自分のイメージを壊されたくない、守りたい。
すっごく分かりますよ。

でもね・・・
その時にキャスティングされた俳優を一斉にバッシングされちゃうと
その俳優ファンは、深く傷つくんですよね。

原作ファンにとっては有り得ないことでしょうけど
俳優にとってはお仕事なのですから・・・

私たちファンも有り得ない作品へのキャスティングなどは
不安になってしまいますが、本心としては色んな仮面をかぶり
色んな役を演じてくれる姿が見たいのです。
どのような作品であれ、仕事の情報が出れば嬉しいのです。
ああ、今度はどんな表情を見せてくれるのだろうかと・・・

でも、原作がマンガの場合、必ず叩かれてしまう。
それがとても辛いです。

もちろん、うまくいかなかった作品も色々あったと思います。
でも、それを俳優だけに押し付けるのはやめて欲しい。
ヒットしなかった理由は俳優だけの責任じゃないでしょう?

今回のことで、ひとつとても腹立たしい記事がありました。

   →アサ芸プラスより

同世代の俳優に比べたらマンガ実写に出演するのは
凄く多い方だとは思います。

でも、記事の一部に、何言ってんの?ちゃんと調べたの?って
文章があったんですよね。

一部抜粋
小栗旬はこれまでにドラマでは「名探偵コナン」「獣医ドリトル」「信長協奏曲」、映画では「クローズ」「岳」「宇宙兄弟」「ルパン三世」と主役を演じたのは漫画の実写映画ばかり。脇役での出演まで含めれば、漫画原作作品は数えきれないほど存在している。そのどれも評判はイマイチとあって、早くも「銀・魂」を冒とくすることになるではないかと心配されているのだ。

ちょっと待って!!!
どれも評判はイマイチって???

確かにコケたのもありますが、数字的には
それなりに及第点を取れてるんじゃないですか?
むしろ、クローズ、花男F、信長は大ヒットしてますよ!
ドラマだってウロボロスは評判良かったですよね。
そして、それはもちろん旬くん一人の手柄でもありません。

公式に発表された作品でもないのに(むしろガセっぽい)
なぜ、そこまで書かれなくちゃいけないんでしょうね?
こういう叩き記事は今に始まったことではないので
いちいち反応してもしょうがないとは思いますが・・・

さて・・・
この記事とは対称に原作者側からの意見を書いた
ブログがあります。
小説家の有川浩さんのです。

   →有川浩と覚しき人の『読書は未来だ!』

インターネットの利用についてや実写化に対して反対を押し付ける
方々への意見が書かれています。
この意見が全てではないと思いますが・・・
至極真っ当な事を仰られていると思います。

見たくなければ黙って見ない。
これが1番良いことだと思います。


今、わかっている旬くんの作品は・・・
映画では「ミュージアム」「追憶」、ネット配信ドラマの「代償」の
三作品でしょうか?

ほんだしの新CMの蛸ご飯は、まだ見かけません。

あ、そうそう! ホンダのH研は終了したようです。
ホンダの公式サイトから削除されています。

ペプシの桃太郎シリーズも、サルさんがまだですし
完結もしていないので、やっぱり続きをやって欲しいです。

そして、地上波での連ドラ!
これは、毎週のパワーの源になりますからね。
すご~く優しげなキャラが良いなあ(@^▽^@)
Womanの信さんみたいなのとか~
花沢類みたいなのは、もう諦めてるけどね~(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。