FC2ブログ

昨日の続きなんだけど~ ※追記と拍手コメのレスあり

  • 2011/11/08(火) 11:23:00

今朝になって色々探してみたら
あちらこちらに落ちていたので
拾ってまいりました。

自力検索では手も足も出ず、他力本願ですが・・・

勝手に頂いてきました。すみません。<(_ _)>

    新浪

記事の和訳です。
PCの直訳なので、分かりにくいですが・・・


LOS ANGELESは午後5時、昨日(11月7日)、人気の日本のアイドル小栗旬は、北京首都国際空港に現れた。ファン数百人がオンサイトのニュースを聞いた後に封じ込め、しかし小栗はまだこの秘密の北京の旅の目的、関心を入れて到着した低キーに圧倒されていますが。

  小栗は、封じ込めクレイジーアイドルファンの夜に北京に到着

小栗を着た紳士は、空港が悲鳴を上げるだろう、現れた。それは、小栗旬のニュースだけアイドル本物のコンテンツを表示するには、天津、大連、山東省、湖南省や他の場所のファンが空港での自発的なコレクションから北京に到着した同じ日になることが報告されている。愛情を込めて小栗ファンが原因で左アイドルの涙との密接な接触の花、贈り物、叫び、暖かい、多くのファンを持つアイドルの準備"李米"として知られていた。大気中での小栗旬の事故は、深くもあり、栗の全体のムードを浮かべて、シーンに触れファンの熱意は、幸運のファンとの対話的ではありません。

  オールラウンドの開発目的疑わしい北京のこのタイムライン

"流星花園"以来、赤い嵐の後の"ムード若い女の子では"、小栗旬は、日本のショービジネスで非常に活躍しています。近年では、地域社会の継続的な開発に加えて、も頻繁に一部の海外のアクションが含まれています。少し前までは、初めての監督、彼が監督"五暴走若者を、"良好な反応、台湾で初演。役所広司、小栗旬映画"キツツキと雨"でちょうど締結第二十四東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞しています。さらに、小栗旬主演の、すぐに撮影している"3クロウズ"。北京での現時点での低鍵外観は、旅の目的は、確かに懸念の原因である。


到着時の動画です。
11/7の動画ですね。

    Tudou

見難いかもしれません。
ウチのPCでは、映ったり映らなかったりで・・・(^_^;)



それから、今日の1時半からこちらで
動画配信があるみたいです。

中国時間の1時半って、日本時間では何時?
同じなのかな?

    Sina Video

って、果たして見ることができるのでありましょうか?

それぞれのPCの環境の違いがあるので
どうなるかは分かりませんので・・・あしからず!







※追記です


中国の動画サイトにて、旬くんのインタビューを見ました。
とてもにこやかで楽しそうで・・・

当たり前ですが、進行は全て中国語なので
質問の内容は、まったく分かりませんでした。(笑)
せめて、通訳の兄ちゃんが大きな声で
旬くんに話していたら、こっちにも聞こえていたのに~

旬くんがあまりにも素敵だったので
ぼ~っとしてしまって、話の内容を
メモするのを忘れちゃいました。(*⌒∇⌒*)テヘ♪
覚えている部分だけ・・・


中国へは「楊貴妃」の映画の監督に会いに来た。
花男の時は恥ずかしかった
クッションを抱いて、可愛らしい感じで・・・
クローズの話やシュアリーを撮影した時の話
シュアリーは高校時代の楽しかったことを・・・
また映画を撮りたい
今度は違う題材で・・・
子供の頃から映画が好きだった
もちろん役者も好きだけど、製作のほうにも興味があった
好きなマンガはワンピース
でも、マンガ原作の作品はもういい
自分は結構オタクだ
これから海外の仕事もあればやりたい
お酒は大好き
皆とよく飲みに行く
特別、誰と仲がいいというのではなく
皆と仲がいい
あと、何日か滞在する

このままの内容・順番で、話していた訳ではないけど・・・

こんな感じ~?の事を言っていた様な気がします。

キチンとレポしてくださるとこもあると思いますので
ちょっと探してみてください。(丸投げ~^^)


       中国にて1

       中国にて2

       中国にて3


写真をクリックすると、少し大きくなります。






※拍手コメのレスです

>>秘コメのYさんへ

楊貴妃の映画は、やはり大作のようですから
旬くんもドキドキワクワクなのでしょうね。
言葉は大丈夫でしょうか?
撮影が長引いたら、日本のファンは寂しいですよね。
とにかく、身体に気をつけて頑張って欲しいです。

キツツキの東北での上映・・・
なかなか決まりませんねぇ
ワーナーマイカル系なら、上演するのでは?と
噂を耳にしましたが・・・

でも、きっと必ず上映してくれるはずですよね。

じっと待ちましょう。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する