FC2ブログ

新しいお仕事発表

  • 2013/05/08(水) 16:45:34

今朝のWSやニュースでもたくさん取り上げて頂きました。
今年の9/7に公開される「キャプテンハーロック」の
声のお仕事だそうですね。

   シネマトリビューン

   GIGAZINE

   シネマカフェ

   IBTimes

大体、同じ内容ですが・・・
4つ目の記事はちょっと違います。



ZIPでは、共演の三浦春馬くんとのインタビューがあり
2人共とても嬉しそうでした。

他のキャストを見ても、ふるちんさんや蒼井優ちゃんもいるので
このメンバーならば、舞台や映画でお目にかかりたいなと
ついつい思ってしまいました。

公式サイトを見ると、旬くん春馬くんの名前は
2つ横並びなので、ダブル主演扱いのようですねぇ

ハーロックは単独主演の作品なんですけどねぇ
大人の事情ってやつでしょうか?
  (ひがみに聞こえたらゴメンナサイ)

   キャプテンハーロック 公式サイト

私自身はフルCGの画像は、苦手なんですよね・・・



この作品への出演を知ったのは・・・

今年の2月の頭に、ムロくんのスパカンに義弟が出て
うっかりハーロックをやるって、口を滑らしたらしいです。
私はこのラジオは聞いていませんが
聞いた人がツイッターに書いていたのを読みました。

これでまた、声優ヲタさんたちに叩かれちゃうんでしょうね。

旬くんだからイヤというわけじゃなく
  (イヤという人もたくさんいますけど・・・)
元祖の声優さんじゃなくちゃイヤというファンが
圧倒的にいるわけです。

この非難の声を聞き続けるほど心臓は強くないですので
このお仕事については、しばらくは静観しようと思います。

もちろん、番宣や雑誌への出演情報があれば
ツイッターやここのブログにアップしていきます。

せめて・・・
オリジナルか初映像化のアニメならもう少しは
受け入れてもらえたのかもしれないんですけどね。



ウチの旦那が言うには・・・
原作も映像もあんなにぶっ壊したのなら
声優もすっかり変えちゃっても、有りだと思うと・・・

ちょっと救われた気がしました。




そうそう、サンケイエキスプレスの記事が読めます。

    サンケイエキスプレス 小栗旬インタビュー

アニメ声優のお仕事を憂えるよりも
あかいくらやみの予習に力を注がなくっちゃ~(笑)




この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2013/05/08(水) 18:47:12
  • [編集]

秘コメのbさんへ

お久しぶりです。(@^▽^@)

とうとう発表になってしまいましたね。
あの宣伝の仕方は、火に油を注ぐようなものじゃないかと・・・(^_^;)
旬くんもかなりの覚悟でオファーを受けたと思うのです。

ハーロックの名言に・・・

「男なら、危険をかえりみず、死ぬと分かっていても
 行動しなくてはならない時がある。
 負けると分かっていても戦わなくてはならない時がある」
 
「お前はお前の信じるものの為に戦え。
 誰も強制はしない。お前の胸の中にあるものの為に戦え」

などがありますね・・・

マンガやアニメの仕事は、ファンとしては不安です。
 (シャレじゃないですけど・・・笑)

踊るFのコメンタリーの音楽担当者のエピ、私も聞きました。
ホントにネットって怖いですよね。

  • 投稿者: konkon
  • 2013/05/09(木) 14:13:39
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2013/05/09(木) 19:00:12
  • [編集]

秘コメのbさんへ

色々ありがとうございます。
私もコメント読ませて頂いて涙が出そうになりました。

原作ファンの気持ちはわかりますけどね。
舞台だって再演でキャスト変更なんて普通にあるわけですから・・・
それでも、あれこれ言われるであろう作品に
面と向かって挑む旬くんを誇りに思います。

それと・・・
腹が立っているのは原作ファンにではなく
今は、元祖・中の人に対してです。
ウチの長男が言うには・・・
「もし、俺が好きな声優がそんなことしたら
 即座に切るね!そういうヤツは、いつか皆離れていくよ!
 もう、ほっときなよ」と・・・
ちょっと嬉しかったです。(@^▽^@)

気にしても仕方ないですよね。
今はTVや舞台に目を向けなくちゃ!です。

舞台観劇は後半なので、感想もしばらく後になります。
1度きりなので、どこまで書けるかわかりませんが
しっかり旬くんを見つめてこようと思います。

  • 投稿者: konkon
  • 2013/05/09(木) 22:46:44
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2013/05/11(土) 12:24:07
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2013/05/11(土) 16:00:50
  • [編集]

秘コメのkさんへ

お久しぶりです(@^▽^@)

声優のお仕事に関しては、熱烈なファンがいるので
そう簡単には認めてもらえないのが
ちょっと悔しいですよね。
私としては、言いたい事たくさんあるのですが
戦う度胸も無いですしね!
まあ・・・
いつか、叫ぶ時が来るかもしれませんけど(笑)

あかいくらやみは、ちょっと難しいらしいですね。
内容がどうというわけではなく
話の流れが、飛んでしまうようで・・・

戯曲を読んで予習していますが
なかなか進まないんですよ(^_^;)

とりあえず、今日の世にも奇妙な~を
楽しみにします \(^◇^)/

  • 投稿者: konkon
  • 2013/05/11(土) 17:02:13
  • [編集]

秘コメのkさんへ

情報ありがとうございます。
きっとファンからの要望が多かったのでしょうね。

ちょっと前に、NHK-BSで
阿佐ヶ谷スパイダースの舞台が放送されたので
もしかしたら・・・と思っていましたが
今回も映像化が決定したということで・・・
とても、嬉しいです~

しばらく後になるかもしれませんけどね。

  • 投稿者: konkon
  • 2013/05/11(土) 17:06:01
  • [編集]

観劇

11日あかいくらやみ観てきました。
席が後ろのほうでしたが声がよく届きました。
私が見た小栗君の舞台ではめずらしい傾向でしたが、本人が望んでいたときいていますので小劇場の夢も含めてこういうものがやりたかったのかと、また違った顔を見た気がします。
でずっぱりではなく、また激しい立ち回りはありませんが、舞台全体の不思議な空間に、彼をオペラグラスで追いかけている場合ではありませんでした(笑)まだまだ「くらやみ」です。

  • 投稿者: はせ
  • 2013/05/13(月) 00:25:50
  • [編集]

追記

気のせいかもしれませんが、パンフの相関図だけ観て
なんとかついていけたような気がします。

  • 投稿者: はせ
  • 2013/05/13(月) 01:01:52
  • [編集]

はせさんへ

感想、ありがとうございます。

何かのインタビューで小日向さんが
アングラ的な舞台と言ってたので
今までエンターテイメント性の高い作品ばかり見ていた人は
戸惑ってしまう内容かもしれませんね。

とりあえず、戯曲を読んで予習しました。

最初の方はなかなか話についていけなくて・・・(笑)
でも話の終わり方は好きでした。

舞台を見に行くのが楽しみです。

  • 投稿者: konkon
  • 2013/05/14(火) 23:12:18
  • [編集]

はせさんへ

相関図はネット上にアップしてくださった方がいて
利用させてもらいました。

あとは・・・
誰が誰だか、認識しなくては・・・
だって、知らない役者さんばかりだから(笑)

  • 投稿者: konkon
  • 2013/05/14(火) 23:14:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する