FC2ブログ

今生の別れ・・・

  • 2009/09/06(日) 22:30:25

という事を、見ている側ではとっくに知っているわけですから・・・

佐和山城に蟄居させられ、生気をなくした瞳の三成に
天下を守るという大義名分を思い出させた兼続・・・

みつにゃん・かねたん

国の安寧を取り戻した後の夢をそれぞれ語り合い
2人で朝日を見つめ、手を取り合い
天下を守るために、立ち上がる密約を果たしたわけですが・・・

その後の成り行きを知っているので
なんとも、切ないシーンでした。

私利私欲など持たず、国のため人のためにと
働いてきた人なのに・・・
天は味方をしてはくれなかったのですね。

時代の流れというものは、どんなに頑張っても
抵抗できないものなのでしょうね。
歴史物のドラマを見ていると、もしもとか、だったらとか
いつも思ってしまうのですが・・・

今回は、兼続がそそのかさなかったら
三成は死なずに済んだのではないか・・・と (笑)
そんな訳は無いんですけどね。
それに、あのまま生きながらえたとしても
三成は、けっして幸せでは無かったでしょう。

「天地人」だって、もともと歴史小説が原作なので
小説家の目線、製作サイドの目線から
三成や兼続を、見せられているんですよね。
ドラマなんだから、たら・ればなんぞ言ってみてもねぇ~

今回の三成は、悪人として描かれず
新しい三成像を、作り上げてくれたわけですが・・・

歴史ファンや、三成ファンはどのように感じているのか
聞いてみたい気がしますね。

小栗旬ファンとしては、とにかくすばらしいの一言に尽きます。

三成の出演もあとわずか・・・
悲しい結末が待っていると知りつつも
目が離せません。

あの、美しい武者姿が見られなくなるなんて
考えただけでも、寂しくてたまらないですよね~



さて・・・

本日見つけてきたものは・・・

    →フジテレビ 広報のおしごと

月9のポスター撮りがあったそうですよ。

    →なつのいちごessay

なつのいちごさんが、またまた旬くんについて
語ってくださっています。

    →トップランナー

アルバムに写真がありました。
ステキですよ~

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2009/09/07(月) 00:09:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する