FC2ブログ

散りゆく桜の如く

  • 2010/04/11(日) 22:50:02

今朝の訃報には驚きました。
情報は夜中には流れていたようですね。
小栗ファンにとっては、思い入れのある作家先生でしたが
TVのニュースでは、淡々と静かに報道されるだけでした。

「ムサシ」は、ひとりひとりあてがきされた脚本で
小次郎は、ホントに旬くんのために書かれた役だなぁと・・・
今度の公演では、勝地涼くんが演じるわけですが
ぜひ、旬くんとはまた違う小次郎を演じて欲しいものです。

井上ひさし先生は、仙台にもゆかりのある方で
高校は仙台の学校でした。
「青葉繁れる」という作品は、その当時のことを書かれたとか・・・

仙台文学館という所があります。
初代館長は、井上先生でした。
仙台にゆかりのある作家さんたちについても
色々イベントや展示物があるようです。
まだ、行ったことは無いのですが
そのうち、1度は訪れて見たいと思っています。

興味がある方は、いかがですか?

   →仙台文学館 HP

詳しい事は知りませんが、色々問題行動もあった人だとか・・・
今となっては、もう・・・

桜の花に見送られ、静かに眠りに付いた
昭和の文豪に・・・

合掌



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する